無力ラターゼ症についてのオフィスホワイトニング

サイトマップ

トップバナー

無力タラーゼ症とオフィスホワイトニング

男性

無力ラターゼ症の場合

あまり聞きなれた事のない症状だと思いますが、無力ラターゼ症というものがあります。もしも、無力ラターゼ症と診断されてしまったらオフィスホワイトニングを受けることは不可能です。薬アレルギーを起こさない健康な身体であれば、過酸化水素を分解する為の酸素があるので、仮にホワイトニング剤を飲み込んでしまっても、これといった問題は起こらないのですが、薬剤の中の物質を分解する事の出来ない無力ラターゼ症の人に施術するのは危険なのです。

鏡でチェック

治療は現在の医学では不可能

歯のホワイトニング専用の薬剤を、無力ラターゼ症の方が呑み込んでしまった場合、成分が体の中にどんどん蓄積 されていってしまいます。過酸化水素を雲海する事が出来ないと、進行性口腔壊死といった危険な症状に陥ってし まう可能性もあるのです。無力ラターゼ症を患っている方は、オフィスホワイトニングを受けることは、どこの歯 医者に行っても不可能な事が多くあるのです。

無力ラターゼ症の診断方法は、オキシドールを傷口に塗って、白い泡が立たなければ無力ラターゼ症の疑いが高まる といわれています。そして、無力ラターゼ症と診断されてしまった場合、オフィスホワイトニングで使用する薬剤が 有害物質として、体内に蓄積されてしまうので、オフィスホワイトニングを行う事が出来ず、無力ラターゼ症を治療 することは、現在の医学では不可能だといわれています。

身体にとって悪影響な物質

ポイント

ホワイトニング剤が悪影響となってしまう場合、オフィスホワイトニングを行えない事があります。ホワイトニング剤 や、機器にアレルギー反応がある場合も、オフィスホワイトニングを行うことは不可能です。ですが、アレルギーの原 因となっている物質を使わずに、治療する事が出来る歯医者もあるので、自分に適した歯医者を探す為に、担当の医師 に相談してみるとよいかもしれません。あくまで可能性ですが。

ここがポイント

無力ラターゼ症と同様にホワイトニング剤を使用する事が出来ない場合は、多くあります。エナメル質形成不全症や、 像牙質形成不全症も、オフィスホワイトニングを行えない原因になるようです。こういった患者は、歯が成長している 最中に何等かの障害が起こってしまい、一部が未完成のまま発達していると考えられます。不全症であれば、深い部分 の神経組織まで薬剤がしみこんでしまうので、神経にダメージを与える可能性があるので行えないのです。 こういった場合はオフィスホワイトニングができませんので、他の方法でのホワイトニングが可能でないか 医師とよく相談して決めていく必要があります。あせってリスクを負ってまで危ない橋を渡らないようにしましょう。 焦る気持ちがでてもじっくりと自分で調査したり、人に聞く余裕を必ず持っておきましょう。

オフィスホワイトニングの基礎的知識