施術で気になるホワイトニング剤の安全性が分かれば安心

サイトマップ

トップバナー

ホワイトニング剤の安全性

安心イメージ

主な成分は過酸化水素

ホワイトニング剤の主な成分は、過酸化水素で作られています。過酸化水素の使用は、圧制労働省によって ホワイトニング剤としての使用を許可されている物なので、安全性は認められています。また、身近な物で 過酸化水素を含むものは、オキシドールや食品添加物にも使われている事があるのえ、安全性は保証されて いると考えてよいでしょう。

歯科医師

エナメル質を溶かしたりする事がない

ホワイトニング剤の中に含まれている過酸化水素を発生させる為の物質となっている、過酸化尿素は歯茎の 治療薬としても使われているものであって、歯周炎にも効果的だと認められています。また、各学会でも、 ホワイトニング剤の安全性について、多くの方が認めています。更に、ホワイトニング剤につかわれている 過酸化水素は、歯をもろくしたり、エナメル質を溶かしたりする事がない物質という実証もされているのです。

よく、ホワイトニング剤で知覚過敏の症状が出るという話を聞くと思いますが、この知覚過敏を引き起こす 原因となっているのは、医師の経験不足と、自分で行ってしまったホームホワイトニングが原因となってい る事が多くあるのです。なので、すべての施術で利用されるホワイトニング剤が全てが全て知覚過敏を引き 起こす原因となってしまっている訳ではないという事を、理解しておいてください。

ホワイトニング剤の中に含まれている過酸化水素を発生させる為の物質となっている、過酸化尿素は歯茎の 治療薬としても使われているものであって、歯周炎にも効果的だと認められています。また、各学会でも、 ホワイトニング剤の安全性について、多くの方が認めています。更に、ホワイトニング剤につかわれている 過酸化水素は、歯をもろくしたり、エナメル質を溶かしたりする事がない物質という実証もされているのです。

日本で認可されなければ安全ではない

ポイント

海外のアメリカでは、最新の物質として効果も高く感じる事が出来るといわれているホワイトニング剤は かなり多くの数が販売されているのでうが、品質、安全性2つが優れているものであっても、日本国がそれ を認知するのは、まだまだ先のようです。圧制労働省によって許可された物であれば、もっと安全性が高 くなり、誰もが安心して施術を受けられるようになると思います。

ピカピカの歯

ですが、薬害エイズなどの影響も考えられるので、これが許可される頃には時間や費用が相当な額になって しまう可能性があると考えられます。ですが、日本で認知されていないから、このホワイトニング剤は安全 なものではないのか、といわれれば答えはNOです。FDAの許可が下りたホワイトニング剤を使用している歯医 者であれば、これといった心配をせずとも施術を受ける事ができるのです。このような簡単な知識がある、ない、というだけでも 医者選びに違いが出ますよね。

オフィスホワイトニングの基礎的知識