オフィスホワイトニングについて気をつけておきたいこと

サイトマップ

トップバナー

注意点

鏡で確認

注意しなければならない事

まず、審美歯科で行われるオフィスホワイトニングは、特別な薬剤(ホワイトニング剤)と技術を使用する施術法なので 通常のオフィスホワイトニングよりも、歯が白くなったと感じやすい治療となっています。なので、歯を早く白くした いと思っている人にとってはうれしいオフィスホワイトニングとなるのですが、オフィスホワイトニングを行った後に 注意しなければならない事がある事を、きちんと理解しなければなりません。

思案する様子

リスクやデメリットについて

施術後の歯は、非常に敏感になっています。オフィスホワイトニングによってホワイト人剤を歯の表面に塗り、光を 照射する事によって歯を白くしていきます。ですが、万が一ホワイト人剤が歯の像牙質まで、到達してしまった場合 施術後の飲食の際に、歯が敏感になり、食べ物がしみてしまいます。なので、大体の人がオフィスホワイトニングを 受けた後で、知覚過敏になってしまい、不快感を感じてしまうので、ケアを継続する事が難しくなっているのです。

更に、施術後、珈琲やワイン、カレーといった着色料がとても多く入っている物を口にする事はできません。その分 歯に負担をかけてしまっているという事です。ここでご紹介しただけでも、オフィスホワイトニングには、とても多 くのリスクがある事を理解して頂けたかと思います。こういったリスクやデメリットについては、オフィスホワイト ニングの施術を行う前に、担当の医師にきちんと相談した上で施術を開始しなければなりません。

持続性

ポイント

オフィスホワイトニングは、即効性を感じる事が出来ます。ですが、歯が白くなったという効果を継続することは、 少し難しくなっています。施術が終わった後、最高3ヵ月程度しか、歯が白い状態を保つ事が難しいのです。なので、 オフィスホワイトニングによって白い歯になったのに、歯が黄ばんでしまったという経験をする人も多くいるのが、 現在の実情となっているのです。ですが、歯は毎日使用する物なので老化や着色は仕方のないことかもしれません。

歯が痛い

また、オフィスホワイトニングの施術後は歯がしみてしまう事から、定期的なケアを行わなければならないのに、 施術後のリスクに耐えられずに、ケアを行うことが出来ない人がいる事も、理解しておきましょう。オフィスホワイ トニングによって、歯の元来の白さを手に入れることは、料金を払って待っていれば簡単に手に入れる事が出来る のですが、歯の白さを手に入れたとしても、継続する為には努力しなければならないという事になります。 結局放置して、同じように歯をぼろぼろにしてしまったのでは、お金をかけた意味がないです。テレビで実際にすべてが 無になってしまった人がいましたよね。

オフィスホワイトニングの基礎的知識