オフィスホワイトニングの副作用について理解しておこう

サイトマップ

トップバナー

副作用

歯医者さん

副作用が100%ないという訳ではない

オフィスホワイトニングの副作用について、ご説明致します。基本的には、安全な施術方法だといわれている オフィスホワイトニングの施術ですが、副作用が100%ないという訳ではないのです。これから、あなたが、 オフィスホワイトニングを行おうと考えているのであれば、きちんと副作用を理解した上で施術を受けなければ ならないのです。まず、始めに痛みが起こってしまう可能性があるという事についてです。知覚過敏などをもっていなかった人が ホワイトニングを行った後にその症状に悩まされ始めた、ということも実際あります。これも副作用の一つと呼べるのではないでしょうか。

院内イメージ

適切な歯医者を選ぶこと

基本的に、オフィスホワイトニングは痛みを感じない状態で施術を受ける事が可能なのですが、ホワイトニング 剤を付けている時間が長くなってしまったり、いきなり強い光で歯を白く使用と焦って出力を挙げてしまうと、 少なからず痛みが発生してしまうのです。この原因は、日本人の体質的に歯の表面にあるエナメル質が薄くなって いるせいではないかと言われています。

オフィスホワイトニングの施術を行う医師の技術によって異なってくる痛みなので、本当に信頼する事の出来る 歯医者を探すことから始めなければなりません。適当な施術をしている歯医者は、存在していないと思いこむと 裏で悪徳商法で設けているしか医院に引っ掛かってしまう可能性もあります。こういった歯医者で施術を受けて しまうと、副作用が出てくる可能性が高くなってしまうので、適切な歯医者を選ばなければなりません。 歯医者はたくさんありますが、腕の差も激しくあるのです。

知覚過敏

ポイント

オフィスホワイトニングから起こる副作用の1つとして、知覚過敏障害があります。知覚過敏とは、冷たい物や、 熱い物を摂取する事によって歯がしみてしまう状態のことで、オフィスホワイトニングの施術後に、知覚過敏の 症状が現れる事が多くあります。基本的に知覚過敏症状が出た人は、1日から2日程度、施術を休んだのちに、 オフィスホワイトニングを開始するという形になっています。

ダメージ

症状がとても重いという人はフッ素クリームやレーザーなどによって対処する事が可能なので、オフィスホワイト ニングによって引き起こされた知覚過敏症状はそこまで気にする必要はないでしょう。知覚過敏などの副作用は、 オフィスホワイトニングよりも、自分でホワイトニングを行ってしまった場合の方が多くあるといわれています。 なので、自分の判断で行うより安全な歯医者でのオフィスホワイトニングを受けた方が良いでしょう。安いのは安いなりの 理由はあるのです。大切な歯ですので、お金が多少掛かってもよいところを選びましょう。失敗して取り返しがきかなく なるケースも実際にあるのです。ただ生活を犠牲にしない程度、というのはもちろん前提です。

オフィスホワイトニングの基礎的知識