オフィスホワイトニング後に気をつけておく飲み物を知りましょう

サイトマップ

トップバナー

オフィスホワイトニングと飲み物

ワイン

摂取する飲み物について

オフィスホワイトニングの施術後に、気を付けなければならない事は摂取する飲み物についてです。飲み物によって 歯の着色が起こっている事はない。と勘違いしている人は、とても多くいるのですが、ホワイトニングが終わった後 24時間は歯の表面が乾燥してしまい、着色してしまいやすい状態になっているので、珈琲、紅茶、赤ワインなどの飲 み物の摂取は禁止されている事を理解しておきましょう。

歯磨き粉でハミガキ

真っ白い歯磨き粉を使用する事

ですが、水や牛乳などの飲み物を飲むことによって、歯の表面に膜を作る事が出来、着色から歯を守る事も可能となり オフィスホワイトニングの施術後には、必ず摂取しておきたい飲み物となっています。日常的に、珈琲などを摂取して いる人は、日頃のくせで飲んでしまうかもしれません。その際には、すぐ口の中をゆすいで、歯磨き粉で歯を磨くと、 少なからず着色を押さえる事が可能です。この際に注意しなければならないのは、真っ白い歯磨き粉を使用する事です。

また、オフィスホワイトニング後に歯に着色しやすいのは、飲み物オンリーを摂取した場合だけではなく、着色しやす い飲み物とカレーを併用して摂取してしまうと、飲み物オンリーの時よりも歯に色がついてしまうという事がわかって います。なので、オフィスホワイトニング後だけではなく、日頃から気を付けなければならないのです。まず、単独で 着色の大きな原因になってしまう飲み物の中に、炭酸飲料がある事を理解しておいてください。炭酸飲料は普段から多くの人が飲んでいるので 問題ないと思われがちですが、実は大きな問題があるとされています。

着色しやすい組み合わせ

ポイント

コーラやメロンソーダは、色がとても濃い物なので、歯に着色するという事は理解して頂けると思います。また、 茶渋はとても落としにくいので、歯を綺麗にする為に、かなり苦労したという人は多くいる事だと思います。 この原理と同様に、色の濃いコーヒー、色は薄いが着色がひどい紅茶のような飲み物によって、日常的に歯は着色 した汚れによって、黄ばんで汚い状態になっているのです。

口をゆすぐ

一度汚れてしまった歯は、歯磨き粉で落とす事が不可能だという事が立証されているので、歯医者でのオフィスホワイ トニングの施術を受けたり、マウスピースを購入して、家でケアを行うしかないのです。また、ホワイトニング剤が 配合されている歯磨き粉や、定期的に歯医者さんでメンテナンスを行う事によって歯を長い間白くする事が可能です。 そこまで敏感に飲み物に気を配る必要はありませんが、色の濃い飲み物を飲んだ後は、軽く口を濯ぐ事を忘れずに。 こんな簡単な作業のようですが、これだけで大きく違ってくるのです。簡単にできるセルフクリーニングはぜひ 行いましょうね。

オフィスホワイトニングの基礎的知識