施術後に慌てないように気をつける食べ物を理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

オフィスホワイトニングと食べ物

ハブラシ

48時間程度は、歯を白くする為の動きがある

歯を綺麗にするために、歯医者へと足を運びオフィスホワイトニングの施術を受けた後は、口にする食べ物に十分な 注意を配らなくてはありません。ですが、担当した医師によって食べ物に気を付けなければならない時間は違ってく るのですが、基本的に48時間程度は、歯を白くする為の動きがあるので、歯の色素がとても刺激を受けてしまいやす い状態へと変化していると考えられるのです。

色素付着する食べ物

舌に色が着色するような食べ物は歯にも着色

48時間の間に、カレーやケチャップといった色が着色してしまいそうな食べ物を食べてしまうと、大変な事になります。 せっかくオフィスホワイトニングによって、白い歯を手に入れたのに、「たった1日で元の歯の色に戻ってしまった。」なんてこともあり得るのです。こうなってしまったら治療費ももったいないですよね。なので、色の濃い食べ物は、 極力避けて通らなければならないものです。また、食べた後、舌に色が着色するような食べ物は歯にも着色すると考え て問題ないと思います。

なので、色の濃いソースや醤油は、必ず避けなければならないのですが、ポリフェノールの成分が多く含まれている ブドウや大豆食品も避けて通らなければならないのです。更に、オフィスホワイトニングが終わった後は、歯の保護膜 が取り除かれている状態になっているので、通常の状態よりカルシウムがとけだしやすくなっています。色素沈着以外 にも、1時間以内は柑橘系の果物や、酸っぱい食べ物を食べないようにしなければならない事を覚えておきましょう。

歯の表面を傷つける食べ物

ポイント

オフィスホワイトニングの施術が終わった後に、柑橘系や酸味がある食べ物を摂取する事によって、歯の着色の手助け をさせてしまっている事になります。案外、自分が意識しない所で、酸味がある物、柑橘系、着色系のものを口に運ん でいる可能性があるので、せめてオフィスホワイトニングが終わって1時間以内は、口の中に食べ物を運ぶ事を避けた方 がよいかもしれません。気を付ける事によって、オフィスホワイトニングで手に入れた歯の輝きが継続するのです。

白い歯で

ここでご紹介した食べ物は、オフィスホワイトニングが終わった後のみではなく、日常的な摂取もあまり好ましくない 食べ物となっています。摂取する事によって、歯の老化が早まってしまうのです。ですが、どうしても口にしたいとき には、食べた後に口の中を水で濯いだり、可能であれば歯磨きをするというケアを行わなければ、日々の食事によって 歯が汚れていってしまう可能性があるという事を理解しておいてください。また歯を磨いても歯のエナメル質がなくなりますので、 どちらにしても何かを失うことになるのです。

オフィスホワイトニングの基礎的知識