歯が白くなる仕組みを理解しましょう

サイトマップ

トップバナー

歯が白くなる仕組み

ホワイトニングの様子

薬剤を使用して歯を白く見えるように変化

オフィスホワイトニングは、薬剤を使用して歯を白く見えるように変化させているものです。その仕組みとして、今 では、2つの事がわかっています。1つ目は、ホワイトニング剤を使って歯の表面の着色物を白く漂白するという仕組 みで、2つ目は、ホワイトニング剤を使用して、表面構造を変えるという仕組みです。ホワイトニング剤というのは、 過酸化水素、過酸化尿素を主な成分として使用している薬剤となっています。どちらにしても歩ワインとニング剤を使用することに なりますが、仕組みがこのように違ってくる、ということです。

チェックする女性

漂白の仕組みについて

ホワイトニング剤を塗る事によって、歯の表面の着色物を一旦無色透明の状態に変えて、歯の表面の組織の構造を 曇りガラスのような構造に変える事によって、歯を白くさせるという仕組みがある事が分かりました。ですが、ど うして過酸化水素によって歯を白くする事が可能なのでしょうか。ホワイトニングの際に使用される過酸化水素に よって起こる漂白の仕組みについてご紹介致したいと思います。

まず、過酸化水素は分解を行う際に、フリーラジカルが圧制する事によって、歯の着色有機質という物質の中に含ま れる2重になっている部分を切断していきます。この作用が働くことによって、着色有機質の分子を小さくする事が 可能になり、無色透明な状態へと変化していくのです。左欄、色素を分解された歯はどんどん白へと変化します。 これが歯が白くなる仕組みの理由です。オフィスホワイトニングは、この反応を促進する為に光やレーザーを使用し ホワイトニング剤を活性化させていくという仕組みになっています。

エナメル質

ポイント

過酸化水素や過酸化尿素を主な成分にしているホワイトニング剤の使用のみでは、エナメル質の色素を無色透明の 状態にしただけでは、歯を白くする事、歯を白く見せる事は不可能です。それは、エナメル質の下に隠れている 像牙質に黄ばんでしまっている事が原因だと思います。あまり長い間塗りすぎると像牙質が溶け出してしまいます。 最悪、溶けてしまう事によって、歯の内部が肉眼で確認できるようになってしまうのです。

施術するイメージ

オフィスホワイトニングによって歯を白くする仕組みは、エナメル質の表面に加工がされる事によって、歯を白く する事が可能になるのですが、エナメル質の表面構造のエナメル小柱を球状に変化させていきます。そして、球状 に変化したエナメル小柱は、光が乱反射するので、曇りガラスのようなマスキングの効果を与える事が出来るので す。ここでご紹介した仕組みが成立する事によって、歯を白くする事が可能になるのです。簡単に白い歯といいますが、実はこれほどの 技術の結晶なのです。

オフィスホワイトニングの基礎的知識