歯が白くならない人には様々な理由があります

サイトマップ

トップバナー

白くならない歯

歯の様子

産まれつきや生活習慣によって歯の色が濃い人

産まれつきや、生活習慣によって歯の色が濃い人は、オフィスホワイトニングで白く出来る可能性は、低いです。灰色 や濃い茶色をしている歯を、オフィスホワイトニングで白くすることは難しいでしょう。幼少期に、テトラサイクリン という名前の抗生剤を飲んだ為に、歯の色が濃くついてしまうという事もあるのですが、例え薬によって濃い色になっ てしまった場合でも、オフィスホワイトニングで歯を白くすることは、かなり困難だといわれています。

神経をとった歯

虫歯などで神経をとった歯は色が濃くなる可能性も

うテトラサイクリンという抗生剤は、抗生物質の1つとなっていて、歯の内部にある像牙質や、骨にくっついてしまうと いう性質を持った抗生剤となっています。着色してしまった歯は、紫外線によって更に濃い色と変化していき、前場の 色がかなり目立ってしまいます。更に、虫歯などで神経をとった歯は、色が濃くなってしまう可能性もあります。この ような歯も、一般的なオフィスホワイトニングによって白くする事は難しいといわれています。

歯は年を重ねるごとに、黄色くなっていってしまうものですが、加齢によって変化した歯は、オフィスホワイトニング の施術によって、かなり白くする事が可能だといわれています。また、オフィスホワイトニングは、自分の産まれもっ た歯でなければ白くする事が出来ないという事があります。入れ歯、差し歯、セラミック歯、といった人口の歯を白く することは不可能に近いです。

治療を行わなければならない歯

ポイント

インレーと呼ばれている詰め物、クラウンが変色してしまった際に、白くするためにオフィスホワイトニングの施術を 受けようと思い受けたとしても、白くすることは不可能です。こういった歯を白くする為には、クラウンや、ラミネー トべニアなどを利用し、歯を削ったり、かぶせ物でカバーしたり、歯を取り換える事によって白くすることが可能です。 オフィスホワイトニングは、あくまで表面的な効果しか得られないものなのです。

痛み

虫歯やひび割れを確認する事の出来る歯は、オフィスホワイトニングの施術を受ける前に、治療を行ったのちに、 オフィスホワイトニングの施術へと入らなければなりません。また、虫歯、ひび割れ同様に歯周病も治療をした後に 行わなければならないのです。知覚過敏も同様ですが、虫歯、歯周病、ヒビがある歯はオフィスホワイトニングの施 術中に、痛みが発生してしまう事があるのです。また、虫歯が悪化する原因にもつながってしまうそうです。 虫歯がひろがってしまっては、取り返しがつかないので注意しましょう。特に大人になって虫歯になってしまうと治療が長期間に及んでしまう 場合が多いのも注意する必要があります。

オフィスホワイトニングの基礎的知識